(例を使って)お金を確実に貯めるためのフェーズをわかりやすく解説

(例を使って)お金を確実に貯めるためのフェーズをわかりやすく解説

今回は、お金を確実に貯めるためのフェーズをわかりやすく解説します。スキルが全く無い状態の人を想定しています。それでは、一緒に見ていきましょう。

フェーズ1. フリーランスになる

まずはフリーランスになることです。ジャンルによりますが、多くの仕事が、スキルがない状態でも始められます。例えば、文字起こしや、データ入力などです。

基本的なパソコンの操作ができればOKです。これで、少額から始めて、着実に稼いでいきましょう。

フェーズ2. ブランドをつくる

ある程度の仕事が獲得できるようになったら、ブランド化を検討します。サービスに何かしらの名前をつける、と言い換えることもできます。例えば、データ入力のサービスをオンラインでローンチすることなどが考えられます。比較サイトでもいいでしょう。

ここで重要なのが、すでに行っているフリーランスビジネスに関連したものにすることです。これにより、知識や経験が生かせますし、お客さんを「横断的に動かす」こともできます。

フェーズ3. 投資家になる

それが安定してきたら、今度は投資家になります。このフェーズまで来たら、十分なお金があるはずですので、お金に働いてもらいます。

投資をするだけで、毎月暮らせる状態になるのが理想です。今回ご紹介した内容は非常にシンプルです。しかし、このような流れを意識していない人は意外とたくさんいます。数年おきのステップとしてご検討ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする