少し意外かもしれないFXと資金管理の関係性

突然ですが、お金を貯めたことはありますか?貯金は得意でしょうか?

もし得意だと回答したら、あなたにはFXが向いているかもしれません。逆に、お金の管理が不得意な人には、FXは向いていません。皮肉なもので、FXをやる人の多くが、お金まわりが雑になりがちです。これは、悲しい事実です。

お金の管理が得意ではないものの、FXで大きく稼ぐことならできそうだ、という意識でこの業界に飛び込むのは、あまり賢い判断ではありません。というのも、FXそのものが、細々したお金の管理で構成されているからです。

値段がどのように動いて、そこからどれだけの手数料を引いて、最終的な収益がいくらになり、税金はどのくらい発生して…という話を聞いて、どうでしょうか?頭が痛くなったのでれば、FXは難しいかもしれません。

逆に、やってみたいと思うようであれば、堅実な利益を手にすることができるかもしれません。FXは非常にコツコツとした作業の連続です。賭博のような意識で挑戦することもできることにはできるのですが、確実に利益を上げるのとは正反対です。

実は、成功している人ほど、FXを「地道な資金形成の道筋」だと考えています。大きな利益を上げることよりも、最終的に「いかに収支をプラスにするか」を重要視するということです。このような意識は非常に重要です。

例えば、スプレッドシートでも紙媒体の日記でも構いませんが、記録をつけます。そして、最低でも週に一回は振り返り、行動を精査します。これを是非ともおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする