FX超初心者のための最初の一歩

今回は、FXを全くやったことのない人のための手引きとなります。技術的なところにも少しだけ触れますが、決して情報は詰め込みすぎないようにします。文字数も短めです。知識ゼロの状態の人でも、気軽に読める内容となっています。それでは、本題へと進みましょう。

FX超初心者向けですので、まずは、FXとは何かを考えるところから。簡単に言えば、通貨の値段(価値)の違いを利用して、利益をあげる取引です。日本円の方がドルよりも強い時にドルを買って、逆に、相対的にドルの価値が下がった時に、日本円に戻す(ドルを売る)。このような流れが、基本です。簡単ですよね?

ドルの価値が「これから上がる」と思ったら買う。そして、上がった後に売って、日本円に戻す。基本的な考えは、これでしかありません。ちなみに、FXを行うためには、証券会社に登録します。そして、その会社が用意する操作画面を使います。

いわゆるダッシュボードと呼ばれるものです。ここでの操作で一番重要なのは、「Bid」と「Ask」です。「Bid」は、売ること。「Ask」は、買うこと。あなた(つまり私たち投資家)が、円を使ってアメリカドルを買いたいとすると「Ask」を選択します。そして、ドルの価格が上昇したら「Bid」で売ります。

もう一個だけ触れておきたいのが指値注文です。一定の額に達した時に、自動で買ったり売ったりしてくれます。ずっと値動きを観察する必要がないので、知っておくと便利な機能かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする